2014.07.03

「Festival Echo」NGOヴィレッジ今年のテーマ、参加団体が決定!

Festival Echo 〜フジロックが取り組む環境保全活動〜

フジロックでは、「フジロック・ペーパー」の創出や、バリアフリー・ウェイ「ボードウォーク」の整備等を通じて会場周辺の森林環境を守る【フジロックの森プロジェクト】をはじめ、廃油リサイクルによるバイオディーゼル燃料(BDF)などのクリーンなエネルギーへの転換を実践する【NEW POWER GEAR】、環境負荷の低い食器を導入し、それらのゴミを分別し資源にする「ごみゼロナビゲーション」の実施から集められた資源を翌年会場で使用するグッズに蘇らせる【イベント内資源循環】など、イベントで派生する環境負荷の軽減を試みると共に、未来に向けての様々な環境対策に取り組んでいます。

また、国際環境団体「FUTURE FOREST」に参加し世界各地で植林を行なうことでイベントで排出する CO2の相殺への挑戦や、地球温暖化防止を目的として設立された国際環境基金グローバル・クールの立ち上げに参加するなど、グローバルな環境保全活動に参画してきました。
このような地球規模の活動だけではなく、私たちをとりまく様々な問題に取り組み、比較的小規模なNGO 団体による活動紹介の場「NGO VILLAGE」を2000年からアヴァロン・フィールド内にてスタートし、草の根的な活動のサポートをすると共に、毎年テーマに沿ったアピールで“社会のカダイ”をわかりやすく来場者に伝えアクションへ踏み出すきっかけを創り出すサポートをしています。

【 NGOヴィレッジ 今年のテーマと参加団体 】

  • 今年のテーマ:『エネルギー・自然』『被災地支援』『ヒューマン
    今年は『エネルギー・自然』『被災地支援』『ヒューマン』の3つをテーマに、11の団体が多様な活動紹介から参加体験型のブース出展を通じて、“社会のカダイ”をわかりやすく来場者に伝えアクションに踏み出すきっかけを創り出します。
    また、New Power Gear Stage / Gypsy Avalonにて、各日3つのテーマに基づいたトーク・プログラム「NGOヴィレッジトーク」もお贈りします。

【 苗場(フジロック)の森づくり 】 もっと「森を楽しんで頂く」観点からさまざまな企画を検討し、フジロック会場周辺の森林の整備・保全活動を目指す「フジロックの森プロジェクト」。
このプロジェクトの一環である苗場(フジロック)の森づくりでは、すでにフジロックに来場されたことのある方にはお馴染みのボードウォークの整備を行いながらボードウォーク周辺の森林の整備〜保全につながる活動を行っています。
またこの整備により生じる間伐材を活用した紙「フジロック・ペーパー」の創出に着手することで、森林の循環を促しひいては森の活性化を促します。

  • フリーペーパー「Festival Echo」
    毎年大好評、各配布場所で品切れとなるフリーペーパー「フェス・エコ」。
    14年版も、フジロック・ペーパーを使用したアウトドアと子どもたちの未来に貢献するフリーペーパーとして完成です。今年は、品切れや配布場所まで行けない方のために、PDFにてダウンロード配布も開始しました。
  • ボードウォーク・キャンプ開催
    毎年春と秋に数回、苗場の方々と共にボランティアの方に参加頂いて、キャンプをしながらボードウォークの補修・整備の作業を行う「ボードウォーク・キャンプ」今年はすでに2回開催し、大勢の方にご参加いただきました。フジロック開催まであと1回、ボードウォークを共に創る「ボードウォーク・キャンプ」を開催します。
     [ 7月12日(土)、13日(日)2日間 ]  補修作業など
     » 詳細はコチラ http://fujirockers.org

    ボードウォークを歩きながら安全に森林浴を楽しんで頂く、そして森を楽しむ事で森の循環を促し、その循環が森の活性化につながる、そんな循環がフジロックの里山ともいうべき森をつくっていきます。 フジロックにご来場の際は、森を楽しみながらボードウォーク散策を楽しんでください。

詳しくは [ コチラ:ピックアップ/環境保全 ]

ページのトップへ