FUJIROCK FESTIVAL'15

出演アーティスト第9弾発表!

2015.05.15

GWも終わり、そろそろ夏のプランに向けて動き出す頃。明日から始まるチケットの一般発売に先駆けて、第9弾ラインナップ発表です!

初日7/24(金)には親日家でもある2組が苗場に戻ってきてくれます。デビュー時から何度も来日し根強い人気を誇るアッシュが8年ぶりとなるアルバムと共にカムバック!また今月末に行われる来日ツアーは全公演ソールドアウト、今夏新作リリースも決定しているアウル・シティーもベストなタイミングで凱旋来日。そして国内からは歌手生活50周年の今年、6度目の出演となる加藤登紀子が自身の次女Yaeがボーカルを務めるLove Farmersと共演。国内外で大絶賛されている話題の姉妹ユニット、チャラン・ポ・ランタン。斉藤和義、中村達也によるロックンロールユニット MANNISH BOYS。魅惑のスリーピース・バンド、ペトロールズはフジロック初登場です。

2日目7/25(土)、初出演となるカナダ出身のロック・ブルース・ギタリスト、フィリップ・セイス。情感あふれるダイナミックな熱いギタープレイが見所、期待が膨らみます。昨年結成15周年を迎え今もなお浮遊感ある唯一無二の音楽を奏でる兄弟ユニット キセルと、独自のスタンスで活動し一体感溢れるピースフルなライブを展開していくCaravan。苗場で見る彼らのライブでは心地良く深い余韻を味わうことが出来そうです。デビュー以降圧倒的な熱量でロックを表現し続けるRIZE、UK注目のハウス〜ダンス・デュオ、ゴルゴン・シティー、日本代表として世界から絶賛を受けている若きトラックメーカーBANVOX、新世代のスーパーアイコンKSUKEと、国内EDMシーンを牽引し世界で活躍する若手アーティストも続々決定。朝またっぷり盛り上げてくれそうです。

7/26(日)最終日に登場するのは、過去最多レベルの出演回数を誇り、フジロック・マスターと言っても過言ではないTAKKYU ISHINO。お隣韓国から人気5ピースバンド、ザ・カックスが初出演。ポストロックという枠を大きく超えたサウンドで多くの支持を集めるtoe、そして昨年のROOKIE A GO-GO出演者の中から投票によって見事今年の出演権を獲得した台湾インディーズ・シーンの雄、マニック・シープと、バリエーション豊かな出演者が決定しました。

  • ASH

  • BANVOX

  • Caravan

  • チャラン・ポ・ランタン

  • GORGON CITY (DJ SET)

  • 加藤登紀子 with Love Farmers

  • キセル

  • THE KOXX

  • KSUKE

  • Manic Sheep (selected by Rookie a Go-Go)

  • MANNISH BOYS

  • OWL CITY

  • ペトロールズ

  • PHILIP SAYCE

  • RIZE

  • TAKKYU ISHINO

  • toe

ラインナップはコチラ