Artist Photo

MIMI MAURA ミミ・マウラ [アルゼンチン・プエルトリコ・日]

Member
MIDNERELY ACEVEDO (Vocals)、SERGIO ROTMAN (Guitar-Sax-Vocals)、LEROY ROTMAN (Keyboards)、助安哲弥 (Guit・Cho)、吉田幸生 (Tro)、佐々木大樹 (Gui)、児島敏幸 (Bass)、水口彰太 (Drums)
Profile
1972年プエルトリコ生まれ。アルゼンチンを中心に南米、欧州、北米、日本等で活躍する女性シンガーMIMI MAURA(ミミ マウラ)。1950年代に活躍した伝説的ボレーロシンガー、マイク アセベードを父に持ち、幼少期から音楽と共に育ったミミ。その後、グラミー賞を複数受賞している世界最高峰のREBEL MUSIC BAND、LOS FABULOSOS CADILLACSのメンバーに才能を見出され、彼らとバンドを結成。バンドの揺るぎない演奏力は勿論、ミミの華やかで甘美ないでたちと、力強く美しい声にたちまちオーディエンスは魅了されていった。深みのある天性の声と母性を感じさせる温かい歌唱法は、全世界で高い評価を獲得。アルゼンチンで最も権威ある音楽賞であるガルデル賞を受賞し、ROOTS SKA、REGGAE、ROCK STEADYにラテン音楽を融合させた独自の音楽スタイルを確立させた。これまでにTHE SKATALITES、RICO RODRIGUEZ、TODOS TUS MUERTOS、FIDEL NADAL、DANCING MOOD、LOS FABULOSOS CADILLACS等と共演。ラテン音楽の世界では、LILA DOWNS、AMPARO SANCHEZと共に世界三大女性ヴォーカリストとして広く知られている。そんなミミだが、バンド結成時のマネージャーが日本人であった為かなりの親日家であり、これまでに二度の日本ツアーを行っている。2012年にはフジロックフェスティバル、RADICAL MUSIC NETWORKに出演。2013年には石川道久セッションと共に日本でレコーディングを行い「KISEKI 奇跡」というアルバムを発表している。スペイン語と英語をかけ合わせたMESTIZO音楽シーンの先駆者として現在も第一線で活躍し続けているミミ。待望の再来日公演はMIMI MAURAの作詞作曲を手掛けているLOS FABULOSOS CADILLACSのサックスプレイヤーのセルヒオ ロットマンも参加。フジロックフェスティバルとRADICAL MUSIC NETWORKに出演が決定している。さらに今回は特別に沖縄公演も決定。歌姫に出逢う千載一遇のチャンスです!
Audio / Video
Links

グッズ・CD