Artist Photo

アトミック・カフェ トーク day2 津田大介・宮台真司・永田夏来 [日]

Stage
  • July 27 (Sat)  12:20-12:50  GYPSY AVALON
Member
津田大介・宮台真司・永田夏来
Profile
●津田大介
ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ポリタス編集長。あいちトリエンナーレ2019芸術監督。1973年生まれ。東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。早稲田大学文学学術院教授。テレ朝チャンネル2「津田大介 日本にプラス+」キャスター。J-WAVE「JAM THE WORLD」ニュース・スーパーバイザー。一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)代表理事。

●宮台真司
社会学者。映画批評家。首都大学東京教授。1959年3月3日仙台市生まれ。京都市で育つ。東京大学大学院博士課程修了。社会学博士。
権力論、国家論、宗教論、性愛論、犯罪論、教育論、外交論、文化論などの分野で単著20冊、共著を含めると100冊の著書がある。最近の著作には『14歳からの社会学』『〈世界〉はそもそもデタラメである』『私たちはどこから来て、どこへ行くのか』『正義から享楽へ』などがある。キーワードは、全体性、ソーシャルデザイン、アーキテクチャ、根源的未規定性、など。

●永田夏来
社会学者 兵庫教育大学大学院学校教育研究科講師
1973年長崎市生まれ。2004年に早稲田大学大学院にて博士(人間科学)を取得後、2018年より現職。専門は家族社会学で、若者の恋愛と結婚について調査研究を行なっている。2002年ー2012年にはfujirockers.orgスタッフを務めるなどサブカルチャーへの関心も高く、ピエール瀧逮捕に伴う電気グルーヴの作品回収・配信停止の際には発起人として撤回を求める署名活動を展開。約6万4千人分の署名を集め、株式会社ソニー・ミュージックレーベルズへ提出した。著書に『生涯未婚時代』(イースト新書)、編著に『入門 家族社会学』(新泉社)、共著に『ポスト〈カワイイ〉の文化社会学: 女子たちの「新たな楽しみ」を探る』(ミネルヴァ書房)等がある。
Links