Artist Photo

DEATH CAB FOR CUTIE デス・キャブ・フォー・キューティー [米]

Member
ベン・ギバード(Vo/G/Key)、ニック・ハーマー(B)、ジェイソン・マックガー(Dr)、デイヴ・デッパー(G/Key)、ザック・レイ(Key/G)
Profile
ワシントン州ベリンガム出身、1997年結成。97年、ベンのソロ・プロジェクトとしてスタートし、同年にリリースした作品『You Can Play These Songs with Chords』が大きな反響を呼んだため、ベンはクリス・ウォラと共にバンドとして活動する事を決意する。インディ・レーベルと契約を交わし、98年にアルバム『Something About Airplanes』でデビュー、2000年にはセカンド『We Have the Facts and We''re Voting Yes』、01年にはサード『The Photo Album』とコンスタントに作品を発表し、インディ・シーンに確固たる地位を確立していく。そして03年の『Transatlanticism』でメジャー・マーケットから絶賛を受け、バンドはATLANTIC RECORDSとメジャー契約を交わす。
05年にメジャー・デビュー作『プランズ』を発表。高評価を受けたこのアルバムはプラチナ・ディスクを獲得。「ソウル・ミーツ・ボディ」と「アイ・ウィル・フォロー・ユー・イントゥ・ザ・ダーク」にてゴールド・セールスを記録し、バンドは本格的にブレイクを果たした。「アイ・ウィル〜」は、グラミー賞「ベスト・ポップ・パフォーマンス・バイ・デュオ・オア・グループ」部門にノミネート、アルバムも「ベスト・オルタナティヴ・アルバム」部門でノミネートを受けた。
08年には6作目『ナロー・ステアーズ』にて全米チャート1位を獲得。グラミー賞「ベスト・オルタナティヴ・アルバム」部門にノミネートされ、ヒット・シングル「アイ・ウィル・ポゼス・ユア・ハート」も「ベスト・ロック・ソング」部門にノミネートされた。09年にはEP『The Open Door』を発表、このEPもグラミー賞「ベスト・オルタナティヴ・ミュージック・アルバム」部門のノミネートを受けた。
11年には通算7作目の『コーズ・アンド・キーズ』を発表、全米チャート3位を記録。14年に初期メンバーの一人が脱退するも、15年には「KINTSUGI」をリリース。そして18年には9枚目となる新作『サンキュー・フォー・トゥデイ』を発表。今作は、2015年よりツアーメンバーとして参加していたデイヴ・デッパー(Dave Depper)とザック・レイ(Zac Rae)が正式なメンバーとして迎えられ、5人での新体制となっている。
Audio / Video
Links

グッズ・CD