Artist Photo

CIRCUS ABYSSINIA サーカス・アビシニア [エチオピア]

Member
Bibi Tesfamariam / Bichu Tesfamariam / Ezera Nigusse Gebremariam / Alemayehu Mulugeta / Degenet / Daniel Gezahegn Werku / Befekadu Esmael Awol / Abraham Lemma Taga / Abraham Tadesse Agezom / Ermiyas Manayeh Meshesha / Tesfamichael Bilal Endris / Endalkachew Belaynehe Abate / Tarekyn Teshome Habte / Semeret Getachew Bekana / Etsegenet Ashenafi Laglago / Helen Shimeles / Beltelham Dejene
Profile
『エチオピアン・ドリーム』は息を呑むような技と、現実離れした世界観で構成される、歓喜に溢れたエンターテイメントショーだ。
ビビとビチュウ兄弟が夢見たサーカスへの憧れ、そして型破りな新しいサーカス文化をエチオピアで創りたいという、幼い兄弟の夢から始まった作品。
命がけの技、ヒューマンジャグリングやチャイニーズポール芸、そしてフープダイビングのアンサンブルを通して物語るこのショーは、エチオピアの豊かで名高い伝統芸能と、サーカスの変化に富んだ祭典である。
エチオピアにサーカス芸の歴史が無いということは、アクロバット芸では生計を立てられないことを意味する。 兄弟が育った街にサーカス団が来ることがなかった為、彼らは木からジャグリング・グラブを彫り、ジムマ州の廃れた街のストリートで、人々を唸らす技術を学んだ。 彼らが14歳と15歳の時、ブライトン·フリンジでの公演の為海外へ飛んだ。その時の演技が高く評価され、初めて世間に彼らの芸の偉大さを伝えるきっかけとなった。
ビビとビチュウは今年、ジャグラーとしてディズニー、ティム·バートン監督の映画『ダンボ』に出演し、この上ない成功を収めている。 しかし、彼らが重要視しているのは故郷でのサーカスに対する社会変革の実現的可能性である。
2010年以来、アディスアベバにあるサーカス学校に資金を提供し始め、ビビ、ビチュウ兄弟と同じ境遇で腕に磨きをかけた、15人の素晴らしいアーティストと共にサーカス・アビシニアとしてツアーに挑んでいる。サーカスで生計を立てることに無頓着だったメンバーも、一家の大黒柱となり、現在はアジアからオーストラリア、ニューヨークを周り彼らの武器でもある凄まじい技術の力強さ、そして、しなやかで洗練された演技で世界へと活動の場を広げている。
Audio / Video
Links