Artist Photo

Stephane K

Member
-
Profile
1991年渡米。1996年の初アナログリリース以来、常に新しいスタイルのハウスミュージックを追求し多大な影響力を持つDJ/ミュージックプロデューサー Stephane K。New Yorkのハウスシーンにおいて彼がもたらした功績は誰もが知るところである。Stephaneは彼のパートナーであるJohn Creamerと共に2001年度にSatellite Records傘下のPipelineから数曲のメガヒットリミックスをプロデュースし、プロデューサーとしての名を世界に轟かせることになった。そして世界的ブレイクのきっかけになったのはKosheenの “Hide U”とヴォーカルハウスとして完成度の高いリミックスSatoshi Tomiieの “Love In Traffic”である。その後 IIO ”Rapture”のRemixが世界中で大ブレイク!アナログ盤にもかかわらず20万枚以上のセールスを記録、CD,コンピレ-ションを合わせると60万枚を超える大HITとなりイギリスのHITチャートの常連となった。プログレッシブハウスシーンの火付け役となり、2001年にはMuzik Magazine Dance Awards 2001の“Remixer Of The Year”を獲得しリミキサーとして世界の頂点に立つ。同年DJ Magazineをはじめあらゆるダンスミュージック系雑誌の表紙を飾る。その後は”New Order, Sinead O''Connor, Moby, Crystal Method, Hybrid, Yoko Ono などのメジャーアーティストから Danny Tenaglia, Cevin Fisher, DJ VibeなどのTop DJのRemixまで手がけ、2002年にBedrockよりMix CDをリリース。2004年、John CreamerとレーベルNY Love Musicを設立、自分達の作品を中心に多数のアナログ版をリリースした。2005年、Malilyn Manson の"Nobodies”、TATUの”All About Us” のRemix、そしてオリジナルのRosko “Love Is A Drug” が全米ビルボード誌ダンスヒットチャートNo''1を獲得した。様々な要素で混成されたサウンドのスタイルは彼自身のオリジナルであり、簡単には言葉で表すことが出来ないだろう。あえて形容するならばセクシーな曖昧色、危険な催眠色、強い音に込められたトライバル色というような神秘的な混成具合である。そしてそのサウンドには、John Digweed, Danny Tenaglia, Danny Howells等のメジャーDJ、さらにはオノヨーコといった芸術家までもが絶賛し絶えず注目している。2011年はUSのKultからアルバムをリリース、そして20年過ごしたNYを離れ拠点を東京に移す。現在もシーンの最前線で高い評価を得るそのサウンドでStephaneが送り出す作品は新たなカテゴリーを展開し続けている。2014年、STEREO PRODUCTIONSのDj Koutarou.aともう1つのオリジナルレーベル”OTO MUSIC”をスタートさせ、Chus & Ceballos, D-Formation, Sergio Fernandez, David Herreroなどのビッグネームを中心に多数の作品を世に送り出している。今後注目のレーベルである。DJとしてもイタリア、スペイン、イギリス、ポルトガル、チュニジア、南アフリカ 共和国 、スイス、ハンガリー、スロバキア、リトアニア、ポーランド、ルーマニア、ブルガリア、ウクライナ、ギリシャ、キプロス、中国、台湾、香港、マカオインドネシア、マレーシア、シンガポール、カナダ、メキシコ、アルゼンチン、ドミニカ共和国、コスタリカ、ロシア、インド、スリランカ、トルコ、セルビアなどの主要なクラブ、またはフェスに出演。日本ではサマーソニック、ハシエンダ大磯フェスティバル、STAR FESなどに参加。今後の活躍が期待される。
Audio / Video
Links